梅雨の部屋干し臭対策!生乾きの悩みを宅配クリーニングで解決!

「梅雨は洗濯物が乾かなくて嫌」

と悩んでいる人のために洗濯物の生乾き臭を抑える方法書きました♪

この記事を読めば生乾きの臭いの原因と対策がわかります。

洗濯物の生乾きの臭いの原因

部屋干しの悩みと言えば生乾きのにおいです。

しっかりと洗濯してるのに匂いがする原因は酸化と雑菌です。

洗濯機での洗濯ではタンパク質や皮脂などが落とせてないんです・・・。

汚れが落としきれてない状態で日に当てずに乾かすと部屋干しのあの独特な臭い匂いになります。

特に梅雨時は雨が降って湿度が高いので雑菌が繁殖しやすい環境なんです。

雑菌を増やしてしまう間違った行動

洗濯物に付着している雑菌の繁殖条件は湿度や温度、皮脂などの汚れです。

日常でなんとなく行なっている行為が雑菌を繁殖させてしまう原因になってるかもしれません。

特に下記の三つの行為はやめるようにしましょう。

  1. 洗濯物を何日も放置
  2. 洗濯機に洗濯物を詰め込みすぎる
  3. お風呂の残り湯で洗濯する

1.洗濯物を何日も放置

1日着用した衣類には汗や汚れがたくさん付着しています。

その汚れた衣類を洗濯機の中に放り込んで何日も放置していると雑菌が繁殖してしまいます。

一度雑菌が繁殖してしまうと臭いが落ちづらくなります。

なのでできるだけ洗濯物を溜め込まないでこまめに洗濯することがポイントです。

「平日は忙しくて洗濯なんてできない・・・」

という人は洗濯物を通気性の良いかご(いわゆる洗濯物かご)に保管するようにしてください。

2.洗濯機に洗濯物を詰め込みすぎる

洗濯機に洗濯物を詰め込みすぎると当然ながら汚れを落とせなくなります。

先ほどの話にもつながりますがなるべく少量でこまめに洗うことが生乾き臭対策になります。

ちなみに洗濯機に入れる衣類の量は多くて8割が限度です。

8割以上入れてしまうと洗濯中に撹拌ができないのでうまく洗えません。(少なければ少ない方が汚れが落ちやすい)

3.お風呂の残り湯で洗濯する

水道代が高騰しているのでお風呂の残り湯で洗濯する人って多いと思います。

ですが前日のお風呂の残り湯は雑菌まみれです。

すすぎにお風呂の残り湯を使用するのは NG です。

「水道代の節約のためにどうしてもお風呂の残り湯が使いたい!」

という人は洗いの時だけお風呂の残り湯を使いましょう。

生乾きのニオイ対策のポイント

生乾きの臭い対策のポイントは早く乾かすことです。

洗濯物を早く乾かすには

  1. 湿度
  2. 温度
  3. 風通し

の3つを利用します。

洗濯機で洗ったらすぐに干す

洗濯機の終了の音が鳴ったらなるべく早く洗濯機から取り出しましょう。

なぜなら洗濯機は密閉された空間ですので雑菌が繁殖しやすいからです。

そして洗濯機から取り出したらそのままの流れですぐに干しましょう。

洗濯物は間隔を空けて干す

洗濯物はなるべく間隔を空けて干すようにします。

なぜなら風の通り道を作りたいからです。

洗濯物同士がくっついている部分はなかなか乾かず臭いの元になるので注意してください。

洗濯物は立体的に干す

洗濯物は立体的に干すのが鉄則です。

衣類を干すハンガーは厚みのある角ハンガーが最適です。

厚みのないハンガーで干すと生地同士がくっついてしまい乾きづらくなります。

生地同士をくっつけないように立体的に干すことによって風通しが良くなり速乾性が高まります。

部屋の中で干す場合風通しが良いところを選ぶ

部屋干しの場合風通しが良いところを選ぶのが大事です。

カーテンレールのある壁側は風通しが悪いです。

なので壁側を避けて干したいところです。

けど現実問題多くの家ではカーテンレールの付近で洗濯物を干すことが一般的です。

そこでどう風通しを良くするか。

おすすめは扇風機(サーキュレーター)やエアコンで風を送ることです。

風を送ることによって衣類を早く乾かし、悪臭を防ぐことができます。

ちなみに風を送ることによって風がない場合と比較すると3倍も早く乾くというデータもあります。

参考:https://www.jstage.jst.go.jp/article/senshoshi1960/47/11/47_11_681/_pdf/-char/ja

雨の日は脱水時間を長めに設定する

脱水を長めにすることによって乾燥時間を短縮できます。

これによって雑菌の繁殖を大幅に防げます。

ただ衣類によっては洗濯機の脱水機能によって生地が傷んでしまう場合もあります。

脱水がかけられない衣類は乾いたタオルで軽く挟み込むことによって水分を吸着する方法がおすすめです。

アイロンの熱で水分を飛ばす

濡れたままの衣類に熱いアイロンをかける事によって水分を蒸発させる方法もあります。

元々アイロンをかける予定だったワイシャツやハンカチなどにはもってこいの方法です。

ただしアイロンのスチーム機能はオフにしましょう。

除湿機を置く

除湿機を持っている人は除湿器をつけることによって早く乾かすことができます。

除湿機を持ってない人は新聞紙などの吸水性の高い紙を、洗濯物の下に置くだけで乾くスピードが随分と違います。

雑菌の繁殖を抑える方法

洗濯物の雑菌の繁殖を抑える方法を記載しますので、一緒に見ていきましょう。

洗剤は適切な量を使う

生乾きの匂いが嫌だからといって大量の洗剤を使うのは NG です。

大量の洗剤はすすぎで落ちきれず衣類や洗濯槽に残ってしまいます。

その結果雑菌やカビが繁殖しやすくなってしまいます。

洗剤は定められた量を守るようにしましょう。

衣類用の漂白剤を混ぜる

漂白剤を使って良い衣類の場合、少量衣類用の漂白剤を混ぜるだけで生乾き臭の予防ができます。

なぜなら衣類用の漂白剤には消臭作用があるからです

ただし使いすぎは禁物です。

なぜなら使いすぎてしまうと色落ちするリスクが高まるからです。

色落ちチェックのやり方

  1. 衣類の目立たない箇所に衣類用の漂白剤をつける
  2. 5~10分後に白いタオルで優しく擦り色移りがないか確認する

重曹を使用する

また生乾き対策には重曹を使用することもおすすめです。

重曹は油汚れに強いので皮脂がしっかりと落ちます。

プロのクリーニング屋もよくやる洗濯方法です。

重曹を使用した洗濯のやり方

  1. 38°から40°くらいのお湯を洗濯機に貯める
  2. 水約10 L に対し大さじ1程度の重曹を溶かす
  3. 洗濯用洗剤を入れて洗濯する

洗濯機の蓋を開けて乾燥させる

洗濯機を使用していないときは蓋を開けて内部を乾燥させるようにしましょう。

洗濯機の内部は乾燥しづらくカビや雑菌が繁殖しやすいのです。

雑菌が繁殖した洗濯槽で洗濯すると衣類にも臭いが移ってしまいます。

ですので洗濯後は洗濯槽の蓋を開けたまま乾燥させるようにしてください。

梅雨時は宅配クリーニングが楽チン

梅雨時の生乾き対策について色々と書いてきましたがなかなか手軽に行えるものではない項目もありますよね・・・。

そこでオススメなのが宅配クリーニングです。

宅配クリーニングとはクリーニング屋さんが自宅に行ってきて衣類を回収し、クリーニングして家に届けてくれる便利なサービスです。

梅雨時はコインランドリーに行って乾燥させていましたが、宅配クリーニングの方が楽チンですし費用も安く済みました。

コインランドリーを利用する時は洗濯だけは自宅で行なっていました。

けど宅配クリーニングの場合は洗濯すらしなくてオッケーです。

一度知ってしまうともう利用しない手は無いというぐらい便利です(笑)

まとめ

梅雨時の部屋干し臭対策について書いてみました。

全て行うのは大変ですのでできるものから試してみてください。

梅雨時におすすめしたいのが宅配クリーニングです。

あなたのお住まいの地域にも宅配クリーニングを行っているクリーニング屋さんがあるはずなのでチェックしてみてください。

⇒おすすめの宅配クリーニング業者ランキングBEST10

(東京のランキングですがランキング上位10位は全国対応。)

 

メラノCC ジェルでポロポロとカスが出てきたけど何?皮が向けて不安・・・

メラノCC ジェルを使うとポロポロとカスが出てきます。

実はポロポロのカスの正体はメラノCC ジェルに配合されている成分です。

カスを出したくない人はメラノCC ジェルの使用量を少なくしてみてください。

少なくしたらファンデを塗る時もカスが出なくなりました!

メラノCC ジェルでポロポロとカスが出る理由

メラノCC ジェルでポロポロとカスが出る理由

初めてメラノCC ジェルを使うと皮が剥けているのではないかと不安になりました。

けど顔をチェックしても皮は剥けてませんでした。

メラノCC ジェルを手につけてみたところ、やはりポロポロとカスが出てきました。

つまりポロポロのカスは皮が剥けているのではなくて、成分が固まって起きているだけなんです。

ポロポロとカスが出てくるのはジェル系の化粧品に起こりやすい現象です。

メラノCC ジェルは皮がむけるようなことはないです。
なので安心して使えます。

ポロポロ対策にはハンドプレスがおすすめ

ポロポロ対策にはハンドプレスがおすすめ

メラノCC ジェルのポロポロのカスを出したくない場合、まずは使用量を少なくしてみてください。

少なくしたうえで有効な方法はハンドプレスです。

こすると成分が固まってポロポロとカスになるのでなるべくこすらないでください。

手のひらにメラノCC ジェルを適量出したら、手でゆっくりと押さえ込むように浸透させていきます。(ハンドプレス)

ハンドプレスするとポロポロとしたカスが出てこないのでおすすめです。

まとめ

使用量を少なくする,ハンドプレスするメラノCC ジェルのぽろぽろは配合成分です。なので安全性に問題はないです。

ポロポロとしたカスが出るのが気になる人は、

  1. 使用量を少なくする
  2. ハンドプレスする

を心がけてください。